献立に悩まなくなる“アレンジ”とは

「今夜なににしよう…(晩ご飯)」

帰り道、そう考えながら歩いてることありますよね。
もしくはお昼ごはん食べ終わった傍から今夜の献立考えてたりしませんか?

意外とこれ、楽しそうで毎食ともなれば苦痛って方も多いのではないでしょうか。
家族にリクエストを聞いても「なんでもいい」と言われて…イラッとしたり。(笑)

いざ買い出しもしなきゃならないし献立を決めなくてはって言う時、
あなたはどうやって献立を立てていますか?

今朝、冷蔵庫に残っていた食材を思い出して使い切ろうと考えている?
今日のお買い得食材を使いたいと思っている?
それともここ数日食べたものを思い浮かべて、
健康重視でバランスのとれた献立にしようと思っている?

人それぞれ、時と場合により違うとは思います。

いずれにしても“献立の悩み”は尽きない・・・

これは料理をしなくてはならない立場の方にしかわからないお悩みかと思います。

そんな悩める方々から最も多い声、
それが“レパートリーが少ない”ってこと。

確かに『レパートリーが少ない=パパッとつくれるものが少ない』と言う意味では、
悩みの原因の1つかと思います。

ですが私が考えるに『レパートリー = つくれるレシピの数(固定の料理)』であって、
パパッとつくれる固定の料理の数が増えても、バリエーションは広がらない。

なにが言いたいかと言うと“アレンジ”が効かないのでは?と言うこと。

もちろん、たくさんのレパートリーをお持ちであれば、
経験から別のレパートリー同士を掛け合わせることもできるようになるでしょう。
ただそう言う方はもはや献立に悩んでいないはず。
そこまで到達できないから悩ましいわけですよね。

私はアレンジが出来てこそ、冷蔵庫の残り物をうまく活用できたり、
お買い得の食材を他のお買い得と組み合わせられたり、
献立の幅が広がるのだと思っていて、これこそ料理を楽しんでる方に見られる
特徴だと感じています。

では“アレンジ”が出来る方はどうやってその発想を得ているのでしょう?

その前に“アレンジ”とはどういうことかを簡単に説明すると、

・つくったことのあるレシピをベースに何かを置き換える(調味料、食材、調理法など)
・食べたことのある何かを手本にして、想像し、似たものをつくる(外で食べたもの、買ってきたお惣菜など)

ざっくりこの2つかな、と思います。

では、この2つの共通点がなんだかわかりますか?

いずれも“味の想像がついている状態”です。

どういうことかと言うと、過去食べたことがある味がベースになっているので、
イメージは出来ていて、そこをゴールとして、もしくは近いところを目標にして
料理をつくっていくわけです。

これこそ“アレンジ”が出来る方の思考。

しかも唐突に「あのメニューをアレンジしよう」と思うのではなく、
殆どの場合
「今日はあの味(あの系統の味)が食べたい
 →ならばあのレシピ(料理)をアレンジしよう」と考えているはずです。

実はこれ、私は毎日やっていることなのですが、
ある時お料理好きな方と話していたら随分と驚かれ、
「その発想はクリエイターですね!」と言われたことがありました。

それに対して私の方がビックリ!
「え、これって普通じゃないんですか?!」と。

自分では「今日は出汁の効いた塩味のあっさり系が食べたいな~」とか、
「今日は焼肉のタレみたいな味付けがいいな」とか、
そこから何をつくるか決めるのが自然だったので、
まさか他の方と違うとは思ってもみませんでした。

そこで閃いたんです!私がアレンジを得意とする理由はこれだ!
さらに、あなたもこれを知ったら献立に悩まなくなるのでは!?と。

その答えがこれ。

“食べたい味から献立(メニュー)を組み立てる”

食べたい味を起点に考えると、答え(ゴール)が先に出ているので
方程式を導き出す形になります。

『X×Y×Z=照焼き味』だとしたら、
『醤油×酒×みりん=照焼き味』と言う具合に。

この方法にすると良いポイントが2つあって、

1つは食べたい味をつくるので食べたときの満足度があがること。
2つめは身体の声を反映しているので実はヘルシーであると言うこと。

ある統計データで日本において女性の寿命が男性より長いのは
台所に立つ時間がまだまだ女性の方が長いことに比例していると
どこかで聞いたことがあります。
そう、食卓に並ぶ献立(味)は知らないうちに作り手のコンディションで
決まっている。
これ、なんとなく納得できせんか?
(この話をし出すとまた話が逸れて長くなってしまうので別の機会にしますが。)

話を戻して、
残り物やお買い得食材を活かすために、
帰るすがらWeb検索して見つけたレシピをお手本につくったは良いが、
あまり好きな味ではなかった…とか、そもそも食べたい味ではなかった…、
なんて経験はありませんか?

満足と言うのは「今日のあなたが食べて美味しいと感じること」なんです。

だとすると、食べたい味から発想を膨らませた方が間違いないと思いませんか?

そんな…理屈はわかるけど、方程式の導き方がわからないわ。

そんな方にはまた別の機会に続きをお伝えしますね。
それが私の特技であり役割だと思っているので。