燕三条の台屋 山谷製作所を訪ねました

燕三条と言えば金物で有名な町。ノーベル賞の晩餐会で使われたカトラリーがこの町出身だったり、台所用品~大工道具まで物凄い技術をもった鍛冶職人さん達の宝庫なんです。そんな町に私が愛用している鰹節削り器を製造する台屋(山谷製作所)さんがあります。元々は大工さんの鉋(かんな)をはめ込む台を専門につくっている製作所。熟練の鍛冶職人から生まれた鉋もよく見ると1つ1つ角度や厚みが異なるそうで、それらに合わせて卓越した技術でピッタリはまる台をつくられているのです。実際削り出しているところを拝見してきましたが…物凄い緻密!気が遠くなる程細かい作業です。

そんな彼らがプロの大工さん向けから食卓向けに完成させたのが台屋の鰹節削り器。一般的な削り器は削り節が入るところが引き出しタイプで、全体的にサイズが大きい。皆さんも一度は見かけたことはあるかと思います。あれを都会の住まいに置くにはちょっとばかり幅をとる…。ですがここの削り器、蓋をしめればまるで高貴な雰囲気漂う木箱、フォルムの美しさが光るコンパクトな削り器なんです。そして台を専門につくってきたからこそなせる技術が余すところなく活かされていて、なんとふたを開けると無垢材削り出しの箱で驚きます。何が良いかって、箱のつなぎ目に削り節がたまって取れないなんてことがなく、見た目以上にとても使い勝手が良いのです。

本当に美味しく贅沢な本枯節の出汁。この美味しさを味わうために鰹節は削りたてが一番なんですよ。だから私は削る時もテンションがあがる、機能美を備えた道具を愛用しています。

こちらはおすすめの道具のページでもご紹介していますので、是非ご覧ください。